イタリア語学校

 
TEL/FAX 03 3292 6030
EMAIL info@accademia.jp
HP www.accademia.jp

navigation
INDEX>レベル

レベル

当校のイタリア語コースのレベルは以下の通りになっています。

各レベルの説明はそのレベルを終了した時点で習得出来る内容を示しています。
コース終了までの期間は当校での通常コースを受講時にどの程度の期間でそのレベルを終了できるかの目安です

ご自分のレベルがどこに属するのかわからない方はクラス見学や体験レッスンの際にレベルチェックもしております
また、お申し込み後、クラスのレベルが適切でない場合も、ご希望のクラスに空きがある限り後から変更ができます


レベル 対象者 終了時目標 コース終了までの期間 ヨーロッパ言語共通参照枠使用教材
入門
Corso
A - B1
イタリア語学習経験の無い全くの初心者〜- 日本の学校でイタリア語を最低12時間程度学んだことがある 旅行で必要なベーシックな最低限の会話を理解・話すことが出来る 3ヶ月 A1当校オリジナル教材 (テキスト代無料) + Espresso1
初級
Corso B2-B10
- 日本の学校でイタリア語を最低12時間程度学んだことがある
- 簡単な挨拶や自己紹介が出来る
旅行で必要な会話を自由に話すことが出来る。好みについて話したり、他人のことを説明したり、過去の出来事について話すことが出来る 12ヶ月
(3ヶ月×4回)
A1Espresso1
準中級
Corso
C
 - 日本の学校でイタリア語を最低70時間程度、もしくは1年間程度学んだことがある
- 基本的な会話・文法能力を身につけ、旅行で必要な最低限の会話を理解、話すことが出来る
複雑な表現で過去や自分の家族について等、説明することが出来る。依頼・招待をする。アドヴァイスを求める。体の状態に関して話す。仕事について話す。自分自身の意見を述べる。
文法事項:未来形・半過去・条件法・命令形・接続法(現在形)
 15ヶ月
(3ヶ月×5回)
A2 Espresso2
中級
Corso
D
- 日本の学校でイタリア語を最低150時間程度、もしくは2年程度学んだことがある
- 日常生活に問題がない程度のイタリア語能力
主にテキストを使用。

何かに関して同意か同意でないかを主張出来る。クレームを言う。疑問を言う。推測を述べる。映画の筋を言う等。
文法事項:大過去・接続法(過去形)・仮定法・受動表現・それまでに習った事項を深める
- B1Espresso3
上級
Corso
E
- 日本の学校でイタリア語を最低300時間程度、もしくは2年程度学んだことがある
- 日常生活に問題がない程度のイタリア語能力
イタリア語学習用に編集をしていない難易度の低い原文やオリジナルのビデオなどを理解できるようにする

何かに関して同意か同意でないかを主張出来る。クレームを言う。疑問を言う。推測を述べる。映画の筋を言う等。
文法事項:大過去・接続法(過去形)・仮定法・受動表現・それまでに習った事項を深める
- B2各種教材・オリジナル教材・ビデオ・オーディオ他
(テキスト代無料)
最上級
Corso
F
- 日本の学校でイタリア語を最低400時間程度、もしくは4年程学んだことがある
- 流暢にイタリア語を操ることが出来、新聞やテレビなども理解出来る
- イタリア語をプロフェッショナルなレベルで使用する
イタリア語学習用に編集をしていない原文やオリジナルのビデオなどを理解できるようにする

文章・会話をオリジナルの状態で理解、読み・話すことが出来る。
文法事項:今まで習った文法を更に深く学ぶ
- C1-C2オリジナル教材・ビデオや印刷物
(テキスト代無料)

注1)上記説明では、中級と上級では学ぶ文法事項が重なっています。
内容的には重なる部分があるため、同一にしています。
レベルの明確な違いは、文法事項の違いよりも、テキストとして扱う文章やビデオの難易度の違いになります。
中級はイタリア語学習者のため、文章やビデオ内容を編集したわかりやすいものとなっており、上級以上のレベルでは、読む・聞くがイタリア人が日常接するオリジナルのものをそのまま使用します

注2)当校のレベルはヨーロッパの言語教育のレベルの指針に基づいています。
各レベルの対応は以下の通りになります
Corso A・B → A1
Corso C → A2
Corso D → B1
Corso E → B2
Corso F → C1, C2


footer

Copyright© ACCADEMIA 2016 All Rights Reserved.